永代供養について

守りする人がいなくなったご先祖・故人、あるいは生涯結婚なさらなかった方、子どもを持たないご夫婦、 あるいは、様々な事情からご先祖のお墓に入りたくない方、その他多くの事情でお困りの方、心配されている方々に変わって、王子の善光寺が責任を持って永代にわたり管理し供養致します。

やすらぎの塔 -永代納骨搭-

お守りする人がいなくなったご先祖・故人、あるいは生涯結婚なさらなかった方、子どもを持たないご夫婦、 あるいは、様々な事情からご先祖のお墓に入りたくない方、その他多くの事情でお困りの方、心配されている方々に変わって、王子の善光寺が責任を持って永代にわたり管理し供養するものです。

年忌、月命日、春秋彼岸会、盂蘭盆会、施餓鬼会、十夜法要等の行事に追善回向しご供養もうしあげます。

過去の宗旨は問いませんが、納骨後は王子善光寺の法要儀式によっておこないます。

塔の正面には法然上人の六字のお名号が刻まれ、その上壇には多宝塔が、塔内には一光三尊善光寺如来が祀られている「やすらぎの塔」。 随時受け付けております、どうぞお気軽にご相談ください。

納骨堂 <倶会一処の塔>

お墓の無い方、いずれお墓を求めるまでの方、そのような方々のために、当山が責任を持って一時お預かりするものです。

当山の行事には檀s信徒としてご参加いただきご安心をいただいております。

お堂の正面の壁面は六地蔵が線刻で描かれた珍しいもので、また、このお堂は<おねがい地蔵>の台座にもなっています。随時受け付けております、どうぞお気軽にご相談ください。


永代納牌 <位牌納め>

遠くにお墓のある方は、日頃、思うようにお参りすることがかないません。

そこで各家の先祖代々の位牌を当山のお位牌壇に納め、毎朝の勤行で月牌(月命日)のご希望の日にご回向いたします。

もちろん、お命日にはお参りは自由にすることができます。詳細はお寺にお問い合わせください。